靴を私に合わせてアップデート

なじむっていつまで待てばいいの?それまでお気に入りだった靴が急に「いちばん痛い靴」になったりするのはなぜ?靴のトラブル、解決が難しいですよね。足を測って自分の足を知り、靴を足に合わせて直しましょう。

インソール調整って何ですか?

まずは足の裏の体重のかかり方を均一にすることを大切にしています。トラブル足の皆さんの足は、測ると1箇所に体重がかかっていることがとても多いです。それ以外にも脱げやすい靴の、靴と足の隙間を調べて小さなパッドを作って埋めたり、靴を足に合わせて直します。

 

履き込んだお靴に直すヒントがあります

履き込んだお靴には、歩き方の癖など、足の痛みの解決の糸口がたくさん隠されていますので、なるべく新品ではないお靴でお越しいただくか、ご持参ください。

お時間に余裕を持ってお越しください

インソール調整をする場合、付いている中敷や敷き革に加工をしていきます。剥がせない場合まず革を切り出すところから始まりますのでお預かりして後日ご来店か、お待ち頂きます。

小指が当たります

A: 小指がきつい靴の、小指の部分だけ柔らかくしたりできます。他にも原因が隠れてるかもしれませんのでフットプリントを使ったチェックがおすすめです。

足裏が薄く感じて地面が響きます

A: 靴が減っている、足のトラブルなど様々な原因が考えられます。減っている箇所に材料を足したり、痛みの除圧には体重が分散するようにインソールを調整します。

踵が脱げます

A: 大きいサイズを買った、履きすぎた靴にはきつくならないよう工夫したインソールを作って入れます。思い当たる理由がない場合はフットプリントを使ったチェックがおすすめです。

何だかしっくりこない

A: まずはお話をお伺いして、できることをお探しします。パッドを追加することで解消されるケースが多いです。お気軽にご相談ください。

他店の靴もお修理承っています。千駄木駅エレベーター改札目の前です

一般的な靴修理とクリーニングに対応いたします。過去にオーダーいただいたお靴のメンテナンスもお気軽にお声がけください。

傾いて減ったソールをまっすぐに

斜めに減りすぎた靴を履き続けると大切なお靴が痛むのも早まり、膝にも負担がかかり良くないことだらけです。こまめに減った踵を付け足して長持ちさせましょう。

 

 

華奢な靴のソールを新品のうちにガード

お気に入りの靴のつま先や底がすぐに減ってしまうことってありますよね。新品のうちに薄いゴムを貼ることである程度減りを抑えることができます。

 

脚長差のある足の方の高低差をつけたソール修理

足の長さが違う方のために、あえてヒールの高さに差をつけた加工も承ります。*他店でご購入の既製靴に付け足す加工は、元のデザインや素材、コンディションによって出来ない場合もございます。まずは問い合わせフォームまたはお電話でご相談ください。

MENU